算定基準の問題

交通事故に関して、弁護士に依頼することには多くのメリットがあります。

慰謝料を含め損害賠償をすることは、損害を埋め合わせすることになるでしょう。相手の好意によって損害を受けたことに対して、法的に埋め合わせをする意味がありますが、弁護士であれば交渉に問題がありません。

加害者である相手側は保険会社が窓口となってきますが、できるだけ支払いたくはありません。最小限に抑えることを目的とするのは、相手は商売だからです。法的な面としても知識を持って臨んでくることになるのですから、こちらも戦えるようにしなければいけないでしょう。

弁護士に相談して代理人にすることは、同じ土俵で戦えるようにするということだからです。慰謝料を請求することを考えた場合、算定基準があることがポイントになってきます。

保険会社は最も低い自賠責保険の基準にプラスした任意保険基準と呼ばれる金額を基礎とすることが問題です。

自賠責保険よりは高くなりますが、弁護士や裁判所の基準から見れば、半分程度にしかならないことがほとんどです。

下手をすれば1/4程度であることもあり、そのままでは大幅に少ない金額になってしまうでしょう。この基準で交渉するためには、こちらも専門家である弁護士を必要とするのですから、早期に相談を始めることが重要です。